DeepBlue21

Category :  Renault Ultra Light 7
tags : 
こんばんは。


連日の更新です@すけぽんです。


昨日は部品リストを記載しましたが、今日はいよいよ組み付けです!


といっても、驚くほど簡単なので今日だけで終わってしまいます…。

ただ、ここにたどり着くまでは色々と大変だったんですよ!!

そんな裏話も入れながら書きたいと思います。


1. ディレーラーハンガーの取り付け

チェーンテンショナーを取り付けるためには、ディレーラーハンガーが必要です。

そこで、まずは後輪を一度外して、チェーンも外してしまいます。

そのあと、チェーン引きを外して後輪を戻し、後ろからディレーラーハンガーを取り付けます。

IMG_20170801_214835.jpg

こんな感じですね。

もしスタンドをそのまま使う場合、後輪をエンドの一番前まで入れてしまうとスタンドが付きませんので、少し後ろにする必要があります。

その辺は現物合わせで調整しましょう。


2. チェーンテンショナーの取り付け

ディレーラーハンガーにチェーンテンショナーを取り付けます。

IMG_20170804_233305.jpg

こちらは既にチェーンを通してしまっていますが、イメージとして見てください。

今回使用したテンショナーはチェーンラインをかなりの幅で調整できるのですが、結局は一番外側にした状態から2mmくらい内側に動かしたところで止めました。

もちろん、これも現物合わせでの調整が必要ですね。


3. チェーンリングの取り付け

多段化(フロントダブル化)するということは、当然ですがチェーンリングも2枚必要です。

前回の記事に書いたように、純正の47T(間違って48Tと記載しちゃいましたが)をアウターに使った際、インナーは42Tで変速可能でした。

IMG_20170802_001228.jpg

実際にはアウター53T/インナー46Tという組み合わせにしました。

こちらがアウター53T。

IMG_20170803_002752.jpg

IMG_20170803_234226.jpg

テンショナーはかなり伸びていますが、漕ぐ分には抵抗は感じないレベルです。

そしてこちらがインナー46T。

IMG_20170803_002828.jpg

IMG_20170803_234202.jpg

テンション緩めですが、外れたりすることはありません。

チェーンリング取り付けの際、当然ですがそのまま取り付けてしまうとチェーンラインが出ません。

ということで、インナー側に1.5mmのスペーサーを1枚、アウター側に3枚入れることで調整しました。

こんな感じです。

IMG_20170804_233326.jpg

チェーンラインは以下の通り。わかりにくいですが。

IMG_20170803_234246.jpg

アウター/インナーのどちらに入れていても、綺麗にラインは出ました。

ただ、最初に買ったフィキシングボルトが短すぎて、スペーサー入れたら全く届かずに1500円くらい無駄にしてしまいました…。

さらに、チェーンリングも最初53T/42Tの組み合わせで準備したところ、テンショナーのキャパが足りず、泣く泣く42Tを諦めて46Tを買いなおしました。ここでも2000円の無駄が発生。。。

なので、もしチャレンジする方がいらっしゃるのであれば、前の記事に書いたものをそろえてくださいね!!


4. フレームの加工

これはアウターに53Tなんてものを入れてしまったから起きたことなのですが…。

せっかくフロンドダブル化するのであれば、トップを上げたいと思って53Tにしたんですね。

普通にシングルで乗る分には、53Tは加工無しで問題なく使えます。かなりギリギリですが。


なので、ダブルにしても大丈夫だと思っていたのですが、変速する際にチェーンがチェーンリングの上に乗り上げるわけですよ。


その結果、乗り上げたチェーンがフレームに当たってしまって変速できないことがわかりました。。。

仕方なくフレームをコッピングソーでカットした上に、ヤスリで削りました。

IMG_20170802_092403.jpg

IMG_20170802_092341.jpg

まあ重労働でした…。

そのおかげで、変速するときもこの通り!

IMG_20170805_0007245.jpg

ギリギリのところでチェーンが通過しています。

ちなみに削ったところには、ガンダムマーカーで色を塗りました。思いのほか、綺麗に塗れています。

先述の通り、アウター47Tの場合は加工しなくても乗り上げたチェーンは通過できますので、本当にポン付けで作業できてしまいます。



いかがでしたでしょうか?

思ったより簡単にできそうだと思えませんか??

ウルトラライト7はノーマルの47Tシングルでも十分な走りをしてくれますが、2速化すると一気に幅が広がります。


私は47Tでしばらく走った後、トップスピードに物足りなさを感じて53Tのシングルに変えました。

IMG_20170729_113152.jpg

これはこれで満足していました。

ところが、普段私は娘を保育園に送る際にチャイルドトレーラーを使っているのですが、トレーラーを引くには53Tが重すぎたので2速化に踏み切りました。

おかげで一人でサイクリングする際には53T、トレーラーを引いたり家族でサイクリングする際には46Tという使い分けができるようになりました。

逆にアウターは47Tのままで、坂道対策でインナーを42Tなど軽いものにするというのも有効だと思います。


変速は手動ですが、プラスチックのタイヤレバーを使うとS字フックよりスムーズに変速できることもわかりましたので、思った以上にストレスなく変速することができます。


ウルトラライト7の活躍の幅を広げたい方は、ぜひチャレンジしてみてください!!
スポンサーサイト
Category :  Renault Ultra Light 7
tags : 
こんばんは。

昨日、ようやくRenault Ultra Light 7のフロントダブル化プロジェクトが完成しました@すけぽんです(*´∀`)

Twitterで書いたところ、歴代最多のインプレッション数になりました!


そしてネット上でも案外この改造に関して情報が無いので、何回かに分けて記事にしたいと思います。

実際に私も、試行錯誤を繰り返して何とか実現できたのですが、その過程においていくつも失敗パーツを購入してしまいました。。。

他にトライしてみたいという方のために、初回は使用した部品リストを記載します(これまでに変更済のものを含む)。


1. KMC 7スピード用ミッシングリンク CL573R 2セット入 シルバー
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B002RMF1F8/ref=oh_aui_detailpage_o08_s00?ie=UTF8&psc=1

41PGbwYvDEL.jpg


2. SENQI 自転車ディレーラーハンガー 27スピード 一個 鉄製
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01N9LBG1N/ref=oh_aui_detailpage_o06_s00?ie=UTF8&psc=1
41x1fNO_BiL.jpg


3. ミスターコントロール 【SSP-12-1】 チェーンテンショナー
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00GYOPGPK/ref=oh_aui_detailpage_o06_s01?ie=UTF8&psc=1
31C4ox3ZOXL.jpg


4. (STRAIGHT/ストレート) アルミワッシャー 30ピース M10 19-91710
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B002WR99M4/ref=oh_aui_detailpage_o06_s01?ie=UTF8&psc=1
31WIBwCHNeL.jpg


5. シマノコネクティングピン 6/7/8スピードナローチェーン用 3個入り ブラック
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B000OYJFNA/ref=oh_aui_detailpage_o06_s01?ie=UTF8&psc=1

811zmJSeLS.jpg


6. DIXNA(ディズナ) アルミロング5ピン V23P030 ブラック

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00APRS19K/ref=oh_aui_detailpage_o01_s00?ie=UTF8&psc=1

61lfk.jpg


7. シマノ HGチェーン 116L 6・7・8速用 CN-HG71
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00N3R30WC/ref=oh_aui_detailpage_o01_s00?ie=UTF8&psc=1

419RcCFQ67L.jpg


ここからはチェーンリングになります。

チェーンリングに関しては別途記載しますが、上記のテンショナーではインナー/アウターの差が6-7Tで限界になります。

そのため、純正の48Tをアウターにした場合、インナーは42Tで変速できました。

IMG_20170802_001228.jpg

こんな感じです。


私は以下の通りアウターを53Tにしましたので、インナーは46Tを使用しています。

そしてこの組み合わせ(53T/46T)では、フレームの加工が必要でした…。


8. MicrOHERO 超軽量 110g アルミ 7075 T6 CNC 53T BK シングルスピード チェーンリング 一体型 ガード付き ブラック
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B013JMS0C0/ref=oh_aui_detailpage_o07_s00?ie=UTF8&psc=1

81YW03haF9L.jpg

9. TIOGA(タイオガ) チェーンリング(5アーム用/PCD:130mm) 46T
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B007FWI98G/ref=oh_aui_detailpage_o00_s00?ie=UTF8&psc=1

81LhUGR6yCL.jpg


今回使用したのは、たった(?)これだけのパーツです。

しかもアウターのチェーンリングを純正の48Tのままにしていれば、特に加工せずポン付けでフロンドダブル化が可能となってしまいます。

私は先述の通りアウターに53Tをチョイスしたばかりに、フレームの加工が必要となってしまいましが。。。


そんなわけで、今回はここまで。

実際の作業については、次回以降に記載したいと思います!

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

Category :  Renault Ultra Light 7
tags : 
こんにちは。


ネタがあると更新できますよね@すけぽんです(*´∀`)


そんなわけで、前回購入して速攻でカスタマイズしたRenault Ultra Light 7で、軽くポタリングしてきました。


と、その前に変更点がいくつか。


1. ハンドルバーのグリップをスポンジからバーテープに変更


当初はバーテープを短めに巻いていましたが、すぐにバラけてしまうのでスポンジグリップを入れてみました。

こんな感じ。

IMG_20170715_152637.jpg

ところが、これがどうにも柔らかすぎてよろしくない。

結局、普通にバーテープを最後まで巻くことにしました。

使ったのはこちら。

○EMPT(イーエムピーティー) EVA ロード用 バーテープ ES-JHT020
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00KD6M5GI/ref=oh_aui_detailpage_o00_s00?ie=UTF8&psc=1

○シマノプロ(SHIMANO PRO) ハンドルバーエンドプラグ R20RAC005
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00HDBOIZ2/ref=oh_aui_detailpage_o00_s00?ie=UTF8&psc=1

そしてこうなりました。

IMG_20170722_100611.jpg

IMG_20170722_100617.jpg

見てお分かりのように、ポジションチェンジャーの固定方法を変えて、クイックを内側にしまいました。
ドロップにしてしまうと、クイックを使ったところでコンパクトになるわけでもありませんので…。


2. サイクルコンピュータを取り付け

そして、それによってスペースの空いた中央部分に、サイクルコンピュータを取り付けました。定番のキャットアイ ストラーダワイヤレス CC-RD300Wです。

小径車なのでセンサー距離が足りるか不安だったのですが、問題なく使用できました。

センサーの取り付けはこんな感じ。

IMG_20170722_100628.jpg

これで普通に使用できています。

そんなわけで、荒川サイクリングロードを走ってきました。

IMG_20170722_100549.jpg

普通に走れば、意外と20㎞/hをキープして巡行できてしまいます。

ネットで目にしていたように、ギア比が絶妙なおかげで坂を上るのもある程度までは大丈夫。

思った以上に快適に25㎞を走破してしまいました。

これからも色々と活躍してくれそうで、楽しみです!


Category :  Renault Ultra Light 7
tags : 
こんにちは。


世間は3連休、そして私も3連休@すけぽんです。


久しぶりの更新となってしまいましたが、今回は数年ぶりに購入した新しい自転車、Renault Ultra Light 7について書きたいと思います。

前回の記事ではキックボードについて書いたのですが、それから間もなく娘はストライダーを卒業して自転車になってしまい、あっという間に出番がなくなりました。。。


そんな中、ふと目に止まったのがこの自転車。


シングルスピードで超軽量、その割に安い!


あまりに気になったので、しばらく悩んだ後にAmazonで在庫残り2台のタイミングで購入してしまいました。


届いた状態がこちら。さすがにコンパクト&軽量です。
IMG_20170712_234638.jpg


箱から出して組み立ててみました。
IMG_20170713_085845_965.jpg
何を買ってもノーマルは買った初日だけの姿です。。。


そして同時に購入した改造用のパーツたち。
IMG_20170713_232229.jpg


全部を購入したわけではなく、家に眠っていたものやKOMAから外して拝借したものも含まれます。

今回はあくまでもシングルスピードのまま、ギヤ比も変えずに乗るつもりなので、ギア関係は買っていません。

ざっと以下のようなものを揃えました。

○TIOGA(タイオガ) インナー チューブ (アメリカン バルブ) 14"×1.75~2.125" TIT06800
 http://item.rakuten.co.jp/gottsuprice/tit06800/

やっぱり空気圧をちゃんと調整したいので米式バルブのチューブに交換。


○SATORI ハンドルポジションチェンジャー
 http://item.rakuten.co.jp/gottsuprice/satori-che/

IMG_20170713_232451.jpg

ポジションが窮屈なため。


○GIZA PRODUCTS(ギザプロダクツ) ブレーキ アウター ケーブル 1.8m
 http://item.rakuten.co.jp/gottsuprice/cbb0230-1/
○SHIMANO(シマノ) SUS MTBブレーキインナーケーブル(ステンレス) 2本セット[GIROセレクト] エンドキャップ シルバー2個付
 https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01BBKVI3A/ref=oh_aui_detailpage_o01_s01?ie=UTF8&psc=1

赤のアウターはちょっと。。。


○シマノ HGチェーン 116L 6・7・8速用 CN-HG71
 https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00N3R30WC/ref=oh_aui_detailpage_o01_s00?ie=UTF8&psc=1

チェーンが重い(重量も動きも)という噂があったので、シマノに交換。


○OTA 超軽量 337g シートポスト Φ33.9/600mm BK ブラック★ダホン(DAHON )など 小径車用
 https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01N4TRQL4/ref=oh_aui_detailpage_o00_s00?ie=UTF8&psc=1
○DAHON用 シートポストシム (ヤフオクで購入)

IMG_20170715_003710.jpg


最初はいらないかと思ったのですが、またがったら全く長さが足りない。。。
そんなわけで長いものに交換。


○TIOGA 謎のドロップハンドル (家で眠っていたパーツ)
○ダイアコンペ ゴールドフィンガー(キックボードから取り外したもの)

シングルスピードということで、ドロップハンドルにゴールドフィンガーを付けてみようかと。


○プロロゴ Nago Evo TTR サドル (KOMAから拝借)
○XLab Turbo WIng (KOMAから拝借)

お気に入りのサドルをKOMAから拝借。
IMG_20170715_152649.jpg

○Wellgo QRD-M079 (KOMAから拝借)

ペダルも動きが重いという噂だった(実際そうだったけど)ので、こちらもKOMAから拝借。
IMG_20170715_152706.jpg

こんなところです。なかなかの量ですね。。。

そして早速取り付けてみました!所要時間は4時間!!



自宅内では全体が取れなかったので、娘と行った荒川サイクリングロードにて撮影した写真でご紹介。
IMG_20170715_110214.jpg

16インチのルイガノより小さい(笑)

ほとんどがポン付けなので、特に難しい部分はありませんでした。

強いて言うならチェーンテンションの調整は初めてだったので、そこに少し手間取ったくらい?

チェーンとペダルの交換は効果的で、購入時は手でクランク回して重さを感じるくらいでしたが、交換してスムーズに動くようになったので、こちらは最初のカスタムとしておすすめです!

また、実際にこの仕様で乗ってみたところ、ネットでの評判通りに絶妙なギア比で、乗り出しとトップスピードの両方のバランスが取れているように思いました。

しばらくはこのまま乗ってみて、物足りなさなど感じたら考えたいと思います!!

Category :  キックボード
tags : 
こんばんは。


最近やたら忙しくて帰宅時間が遅いすけぽんです(*´∀`)

そんな中、気分転換もかねてブログをアップしております。



これまでブログでは自転車の話題を多く取り上げていますが、娘が生まれてからは乗れる時間が限られてしまい、あまり乗れずにいます。

その一方で、娘は3歳半を過ぎてストライダーを乗り回せるようになってきました。


ある日、公園でストライダーを乗り回している娘を走って追いかけているとき、小学生くらいの子がキックボードで走っているのを見て「これだ!」と思ったのです。

キックボードなら、娘と同じくらいのスピードで走って一緒に遊べるのではないかと…。


そんなわけで、色々と探した結果、いい年した大人が乗っても大丈夫そうなJD RazorのMS-205-RBを購入しました!

こちら → http://www.razor.co.jp/shop/products/view/574/category:18


さらに、安全面も考えてリアブレーキの取り付けと、ピカピカ光ってちょっと恥ずかしい前輪のホイールを光らないように改造してみました。


1.前輪のLED無効化

実はこれはとても簡単。

前輪を外して、さらにベアリングを外すと中に磁石が入っています。(下記の画像の赤丸あたり:これは取った後ですが)

IMG_20170304_091112694.jpg

この磁石を外せば、あら簡単。LEDは光らなくなります。ここが発電機になっているのですね。良く考えられてます。

光らなくなるだけではなく、磁力の影響を受けなくなるので回転もスムーズになるという一石二鳥の改造です。


2.リアブレーキの取り付け


今回は以下のパーツを使用しました。

○TEKTRO(テクトロ)900A ロングアームキャリパーブレーキ ブラック リア
http://item.rakuten.co.jp/cycle-yoshida/00613348/


○DIA-COMPE(ダイアコンペ)TECH99 GOLD FINGER ブレーキレバー
http://item.rakuten.co.jp/cycle-yoshida/00230232/

○GIZA(ギザ)ブレーキインナーケーブル 2.5m
http://item.rakuten.co.jp/cycle-yoshida/00613715/

○GIZA(ギザ)ブレーキアウターケーブル 1.8m
http://item.rakuten.co.jp/cycle-yoshida/00613719/


わずか4つの部品で改造できちゃいます。

作業も超簡単。

リアホイール・泥除けを外してデッキに6mmの穴を開け、ブレーキを取り付けます。

IMG_20170318_003428708.jpg

基本的に現物合わせで問題ないと思いますが、私の場合はリアホイール軸から80mmのところに開けました。

IMG_20170318_003727457.jpg

そしてワイヤー長を調整して止めるだけ。

ワイヤーはこんな感じで下側に取り回しました。

IMG_20170318_003438825.jpg

せっかくですので、ブレーキレバーを左右ともにゴールドフィンガーに交換。

フロントブレーキは純正のワイヤーをそのまま流用していますが、長さがギリギリですのでアジャスターのナットを外して調整しました。

IMG_20170318_003624070.jpg

わかりにくいですが、右ブレーキレバーにはテンション調節用のナットが付いていません。

これで完成。

IMG_20170318_003600988.jpg

IMG_20170318_003657836.jpg

IMG_20170318_003711027.jpg

IMG_20170318_003247234.jpg

いかがでしょうか?

最初からこういう製品だと思えるような、まとまりの良さを出すことができたかな、と思っています(個人的に)。

やはりリアブレーキの効果は絶大で、とてもコントロールしやすくなりました。



作業時間も2時間くらいで完成しちゃいますので、興味のある方はぜひトライしてみてください!