プロフィール

すけぽん

Author:すけぽん
qwerty大好き。
キーボード付いたモノには目がありません。
気が向けば更新します(´∀`*)

FC2カウンター
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人のためのキックボード改造講座 ~ブレーキ取り付け編~

こんばんは。


最近やたら忙しくて帰宅時間が遅いすけぽんです(*´∀`)

そんな中、気分転換もかねてブログをアップしております。



これまでブログでは自転車の話題を多く取り上げていますが、娘が生まれてからは乗れる時間が限られてしまい、あまり乗れずにいます。

その一方で、娘は3歳半を過ぎてストライダーを乗り回せるようになってきました。


ある日、公園でストライダーを乗り回している娘を走って追いかけているとき、小学生くらいの子がキックボードで走っているのを見て「これだ!」と思ったのです。

キックボードなら、娘と同じくらいのスピードで走って一緒に遊べるのではないかと…。


そんなわけで、色々と探した結果、いい年した大人が乗っても大丈夫そうなJD RazorのMS-205-RBを購入しました!

こちら → http://www.razor.co.jp/shop/products/view/574/category:18


さらに、安全面も考えてリアブレーキの取り付けと、ピカピカ光ってちょっと恥ずかしい前輪のホイールを光らないように改造してみました。


1.前輪のLED無効化

実はこれはとても簡単。

前輪を外して、さらにベアリングを外すと中に磁石が入っています。(下記の画像の赤丸あたり:これは取った後ですが)

IMG_20170304_091112694.jpg

この磁石を外せば、あら簡単。LEDは光らなくなります。ここが発電機になっているのですね。良く考えられてます。

光らなくなるだけではなく、磁力の影響を受けなくなるので回転もスムーズになるという一石二鳥の改造です。


2.リアブレーキの取り付け


今回は以下のパーツを使用しました。

○TEKTRO(テクトロ)900A ロングアームキャリパーブレーキ ブラック リア
http://item.rakuten.co.jp/cycle-yoshida/00613348/


○DIA-COMPE(ダイアコンペ)TECH99 GOLD FINGER ブレーキレバー
http://item.rakuten.co.jp/cycle-yoshida/00230232/

○GIZA(ギザ)ブレーキインナーケーブル 2.5m
http://item.rakuten.co.jp/cycle-yoshida/00613715/

○GIZA(ギザ)ブレーキアウターケーブル 1.8m
http://item.rakuten.co.jp/cycle-yoshida/00613719/


わずか4つの部品で改造できちゃいます。

作業も超簡単。

リアホイール・泥除けを外してデッキに6mmの穴を開け、ブレーキを取り付けます。

IMG_20170318_003428708.jpg

基本的に現物合わせで問題ないと思いますが、私の場合はリアホイール軸から80mmのところに開けました。

IMG_20170318_003727457.jpg

そしてワイヤー長を調整して止めるだけ。

ワイヤーはこんな感じで下側に取り回しました。

IMG_20170318_003438825.jpg

せっかくですので、ブレーキレバーを左右ともにゴールドフィンガーに交換。

フロントブレーキは純正のワイヤーをそのまま流用していますが、長さがギリギリですのでアジャスターのナットを外して調整しました。

IMG_20170318_003624070.jpg

わかりにくいですが、右ブレーキレバーにはテンション調節用のナットが付いていません。

これで完成。

IMG_20170318_003600988.jpg

IMG_20170318_003657836.jpg

IMG_20170318_003711027.jpg

IMG_20170318_003247234.jpg

いかがでしょうか?

最初からこういう製品だと思えるような、まとまりの良さを出すことができたかな、と思っています(個人的に)。

やはりリアブレーキの効果は絶大で、とてもコントロールしやすくなりました。



作業時間も2時間くらいで完成しちゃいますので、興味のある方はぜひトライしてみてください!
スポンサーサイト

ようやく完成!SDリヒトナイチンゲール!

こんばんは。


2017年は完成させる年にします@すけぽんです(*´∀`)


そんなわけで、4年ぶりにプラモデルが完成しました(笑)
前回に引き続き、テーマはリヒト・ナイチンゲールです!!

どんだけ好きなんだよ!という感じですが、好きなものは好きなので仕方ありません。

いま見返してみたら、2013年7月に作り始めていたのですが、それっきりになっていたものを今年に入って作業を再開させ、なんとか完成までこぎつけたというものです。

ちなみに2013年当時の写真がこちら。

CameraZOOM-20130727205641432_convert_20130727211316.jpg

CameraZOOM-20130727205559993_convert_20130727211157.jpg

これが3年半経って…こうなりました!

DSCF1297-2.jpg

今回は初めてエアブラシでの塗装にも挑戦しました。

慣れてみると(といってもまだ超下手くそですが)簡単&綺麗に仕上がるので、もっと早くから使っておけばよかったなーと思いました。

最初に書いたように、今年は「何事もとにかくやり遂げる」を1年の目標にしていますので、細かいことは二の次で完成を目指して作りました(笑)


元にして使ったキットはSDサザビー・シナンジュ×2個・クシャトリヤだけです。
その他、バインダー内部はビルダーズパーツのMSキャノン01を使い、ファンネルは同じくビルダーズパーツのスパイクを使っています。

製作途中の写真はこちら。雰囲気はお分かりになるかと思います。

IMG_-338xyr.jpg

IMG_-mmst0s.jpg

IMG_20170121_075611782.jpg

IMG_20170121_075350814.jpg


塗装はサザビーレッドに黒を少し加えたものを基本にしており、エングレービングは鉄板のラッカーゴールド→エナメル黒→ふき取りのパターンです。
さすがに細かくて心が折れそうでした(特にシールド)。。。
デカールはガンダムデカールのユニコーン用や、市販のコーションマークのデカールを雰囲気で貼りました。

そんなわけで、完成後の写真をどうぞ。

DSCF1296-2.jpg

DSCF1294-2.jpg

DSCF1291-2.jpg

DSCF1285-2.jpg

DSCF1284-2.jpg

DSCF1278-2.jpg

DSCF1279-2.jpg

DSCF1280-2.jpg

DSCF1283-2.jpg

DSCF1277-2.jpg

IMG_20170304_232132083.jpg

こうやって見ると、ワンパターンな写真ですな。。。

ほんと写真を撮るのはムズカシイ…。


そんなわけで、無事に完成したSDリヒト・ナイチンゲールでした!

スカーゲン ハイブリッドスマートウォッチ『HAGEN CONNECTED』レビュー!

こんにちは。


気付けば2016年も終わろうとしております@すけぽんです。


今年最後の記事は、クリスマスプレゼントとして購入したスカーゲンのハイブリッドスマートウォッチ『HAGEN CONNECTED』のレビューです!


まずはパッケージです。



箱を開けてみます。



ファッションブランドのオシャレな時計といった感じですね。

私は革ベルトが苦手なので、早速ステンレスのメッシュベルトに変えてみました。



手に付けてみるとこんな感じになります。



ちょっと厚めですが、パッと見は完全に普通の時計ですね。



さて、実際に使った感想です。



1.iOS用とAndroid用で通知設定できるアプリに差がある

意外だったのですが、iOS用の方が対応しているアプリが多かったです。なんとAndroid用はカレンダー通知すら対応していないという。。。

それ以外の機能はまったく一緒です。ちなみに2機種とペアリングしておくとBlutoothオンオフで接続先を変えられますので、繋ぎ替える度にリセットなどは不要でした。


2.バイブはちょっと弱め

これは他のレビューを見ていて気になっていた点ですが、確かにバイブは弱めでした。弱・中・強と切り替えられるものの、強じゃないと気付けません。むしろ強でも弱め。。。

ただし、メッシュベルトは長さの微調整が効きますので、ピッタリ目の長さにしておけばバッチリ気付けます。

ということで、メッシュベルトがオススメかも。


3.サブアイは見やすい

通知するアプリや連絡先に合わせて切り替えられるサブアイの針ですが、思ったよりも見やすいです。

バイブ&サブアイ組み合わせで、通知内容は十分なように思いました。これは画面付きのスマートウォッチばかり使っていた自分としては意外な発見でした。


4.iPhoneとAndroidの2台から通知を受け取る方法

当然ですが普通には2台同時接続はできません。そこでTaskerの機能を使って、以下のようなフローで通知を受けることにしました。

Androidで通知を受ける→Taskerで通知内容に合わせたGmailを自動送信する→iPhoneでGmailを受信→HAGEN Connectedで受信


Taskerで自動送信させているのは次の内容です。

・LINE:特定の人からの受信内容に合わせて、その人の名前を入れたGmailを送信
・Y!運行情報
・着信
・Gmail:iPhoneで直接受信してもいいのですが、Androidに一元化して管理したかったので。


5.今後に期待したい点

まずは通知対応のアプリを増やすことと、通知させる際のバイブパターンを変更できるようにしてほしいところです。

こういった細かい部分が、使い勝手を大きく左右させてしまうと思いますので、ここは早期に対応してほしいですね。

実際に店舗へ行った際、かなり多くの方が手に取ったり説明を聴いたりしていました。関心が多いのは良いことですが、ちょっとした使いづらさがマイナス評価に簡単につながってしまいます。

それらを払拭して、ハイブリッドスマートウォッチが成功するためにも、ぜひメーカーさんにはアプリの改善を早期に進めてほしいですね。

Android Wearがいまいち伸び悩み、Apple Watchも予想を下回る売れ行き、Pebbleに至ってはFitBitに買収されてしまうという状況の中、ハイブリッドスマートウォッチはブレークする可能性は十分秘めていると思います。

だからこそ、このチャンスを逃さないようにしてほしいですね。

Moto Z Root化の方法について

こんばんは。


6泊7日の出張も最終日となりました@すけぽんです。


そんなこんなで、明日ようやく自宅に帰れるのですが、その前に宿泊先のホテルから更新してみようかと。


今回は先日購入したMoto Z のRoot化について、備忘録的にまとめます。

意外と情報が無いのですよね。。。

全体的な流れは以下の通り。


1.BootloaderをUnlockする

こちらのサイトを参考にして進めます。

Unlock Bootloader of Moto Z and Moto Z Force [Guide]
http://www.theandroidsoul.com/unlock-bootloader-of-moto-z-and-moto-z-force-guide/


2.TWRPを導入する

TWRP for Motorola Moto Z 2016
https://twrp.me/devices/motorolamotoz2016.html

当然のことながら、この時点ではRoot化されていないのでFastboot Modeでインストールします。


3.Root化ROMをTWRPからインストールする

今回はこちらのOdexed版を使いました。このROMは後述する暗号化が解除されています。

[ROM][Stock Rom Odexed & Deodexed][GRIFFIN_RETAIL-EU and US][6- Nov]
http://forum.xda-developers.com/moto-z/development/twrp-ported-to-moto-z-eu-version-t3470920


ここで注意点がひとつ。

TWRPを導入しても最初は暗号化されてしまっているため、SDカードに保存したROMを読み込むことができません。

そこで、以下のような流れで進める必要があります。

① TWRP導入

② Recovery起動 

③ TWRPの起動画面でPasswordを求められるが「Cancel」を選択して先に進める
 (この時点では暗号化されているのでSDカードは読み込めません)

④ 「Wipe」メニュー → 「Data」を選択(「Factory Reset」でもOK)

⑤ 「Reboot」メニュー → 「Bootloader」を選択

⑥ TWRPが再起動するとSDカードが読み込めるようになるので、「Install」メニューよりSDカードを選択してROM焼きを実行

⑦ 上記リンク先のROMを導入した場合、ROM焼きが完了すると暗号化が解除されている


今回は以下のリンク先を参考にさせていただいて、上記の手順を踏むことで無事に成功いたしました!

沙綺のつれづれなるブログ 
-Android 6.0なNexus 9でTWRP起動時にパスワードを求められる事態について色々試してみました!-
http://saki-sss.blogspot.jp/2015/10/android-60nexus-9twrp.html



基本的に作業自体は各リンク先を見ながら行えば難しくありませんが、端末の暗号化対策をどうするかがわかるまで時間がかかりました。。。

現在は快適に使用できております!!

私はNexus6からの乗り換えでしたが、格段なパフォーマンスの差と端末重量の軽さ、なにより所有欲を満たしてくれるルックスに大満足です!!

地味に指紋センサーでのロック/アンロックが超便利。


そんなこんなで、また新しいネタが出来たらご報告いたします!!

Moto Z (海外版)レビュー 

こんばんは。


久々の更新となりました@すけぽんです(*´∀`)


そして、すでに眠たいので簡潔に書きます(笑)



自分にとって数年ぶりに、最新フラッグシップ端末を購入しました!

最近は型落ちを安く買って使うというのが、定番になってしまっていたので。。。


今回購入したのは、タイトルにあるようにMoto Zです!!


いつも拝見しているJetstream BLOGさんの以下の記事のおかげで、総額53,000円くらいで購入できました!!

ドイツAmazon.deで「Moto Z(XT1650-03)」がなんと約30%引きの激安価格に、53,000円前後で直輸入が可能
https://jetstream.bz/archives/45619


実は最初に届いた商品が開封済み&バックパネルが割れているという不良品で、そこから交換手配をしていたのでかなり遅くなってしまいました。。。

とはいえ、海外でもAmazonの対応は早かった!


そんなことは置いといて、まずは簡単に写真をどうぞ。


IMG_20161112_001651.jpg

IMG_20161112_001722.jpg

IMG_20161112_001910.jpg

IMG_20161112_001959.jpg

IMG_20161112_002048.jpg

IMG_20161112_002113.jpg

とにかくNexus6を使っていた身からすると軽い!

同梱されていた内用品としては、バリスティックナイロンのスタイルキャップと透明のバンパー、充電器とイヤホン-USB Type C変換ケーブルくらいといったもので、かなりシンプルなものでした。

薄くて不安が残るので、ひとまず簡単なケースは付けました。

NILLKIN オリジナルMotorola Moto Z 本体ケース・Moto Z 背面ケース・Motorola Moto Z 薄型スリムケース 最軽量 携帯カバー(ブラック)
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01LLNAATA/ref=oh_aui_detailpage_o02_s01?ie=UTF8&psc=1

IMG_20161113_001534.jpg

IMG_20161113_001545.jpg

IMG_20161113_001601.jpg


シンプルですが、なかなか良い感じです。


さて、私はいつもフォントを好きなものに替えているのですが、そのためのRoot化の作業がなかなか大変だったので、自分の備忘録として次回まとめてみようと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。